通信制高校の編入前に調べておきたいこと

常勤講師の数を調べておきましょう

理由として、高校を卒業した後に進学するか就職するかを最初から選べないことも多く、場合によっては不本意な進路を選ばざるを得ない状況になってしまうからです。
例えば、全寮制の学校で、大学受験の対策をするのではなく、職業訓練や資格取得に関係する授業が中心の場合は、大学受験を諦めなければなりません。
それだけでなく、全寮制の学校の場合は潜在化しているいじめ問題が見過ごされたまま放置されていることも多いです。
学校によっては精神や体力を鍛え直すこともありますが、逆にそれが本人の負担になってしまい、結果的に自分で自分の命を絶ってしまう可能性も否定できないのです。
だからこそ、通信制高校の編入前には事前の調査は不可欠になります。
いじめ問題は存在しないか、卒業後の進路はどのようなものがあるのか、就職先は自由に選ぶことができるのかなどと言ったことを知る必要があります。
受験対策を行っている学校の場合は大学の合格率なども注意して確認しておきましょう。
国公立大学の合格率が高い学校は、適切な受験対策が行われていると考えても間違いは無いでしょう。
センター試験を経由して二次試験を受けなければならないので、必然的に5教科7科目の勉強のバランスが取れていなければ実現できないからです。
採用している教師についても注意したほうが良いです。
通信制高校に採用されている教師の殆どが非常勤の場合は、退職による影響で人員不足になってしまい特定科目の授業が成り立たなくなってしまう可能性もあるからです。
このようなことを避けるためにも常勤講師の数を調べておきましょう。

一週間に3日から4日程度の通学でも問題なく単位が取得可能公立の学校であれば、一年の学費は50万円から10万円程度常勤講師の数を調べておきましょう

GO通信制高校 : 【2019最新】通信制高校おすすめ一括資料請求サイト3選